奥桂林7日間旅日記(第3日目)

第3日目11月7日(日)


 今朝は朝靄の中、8時半にホテルを出発しました。「霧がかかる日は必ず晴れるのです」 というりんごちゃんの話しの通り、だんだん太陽がでてきて快晴になりました。八角寨に向かうバスの中ではりんごちゃんの「中国事情」のお話し。出身の村での生い立ちの話しなどをいろいろ話していただき、とても興味深い内容でした。10時に八角寨に到着。ここは今年、ユネスコの世界自然遺産に登録された中国で一番新しい「世界遺産」です。八角寨ではハイキングコースとウォーキングコースにわかれてスタートしました。ハイキングは、ガイドの莫さんのご案内で、赤い堆積岩で形成された典型的な丹霞(たんか)地形の山々の雄大な景色をご覧いただきながら、降龍展望台まで、かなりハードな内容だったようですが、みなさま達成感を得られたご様子でした。



 


 ウォーキングのコースの方は私(柴崎)がご一緒し、りんごちゃんの案内で、長閑な風景の中のウォーキングに出かけました。途中、自主的にお散歩する牛の集団とすれ違ったりしてとても楽しいお散歩でした。昼食は農家レストランで、潰したばかりの鶏のお鍋に新鮮なお野菜を入れていただきました。とても美味しかったですね。




 13時半に桂林に向けて出発です。途中、街道沿いの露天で「ざぼん」と「葡萄」を購入して味見していただきました。