ホーム>>桂林観光地>>張家界の観光スポット

張家界の観光スポット

張家界森林公園(黄石寨、金鞭渓、袁家界など) 天子山自然保護区(天子山など) 索渓峪自然保護区(宝峰湖、黄龍洞、十里画廊など) 天門山国家森林公園(天門山)


中国湖南省の西北部に、張家界と呼ばれる神奇な地がある。特徴が壮大、険しい、静か、神秘的な自然景観を擁しているのはである。20世紀80年代より一挙に人気のある有名な観光景勝地となりました。中部に位する武陵源景勝区(張家界)は主に張家界国家森林公園、索渓峪自然保護区、天子山景勝区からなっています。珍しい獣は美しい渓流や泉、奥行き深い洞窟のある青々と茂っている森林で生憩していて、珍しい花と草は四季に亘って香りが漂う、90%以上の土地は森林に覆われ、完全な原始的生態環境を保っている。中国には無論、世界においても特徴のある一番景勝区で、1992年ユネスコの「世界遺産名簿」に加えられました。 現在、張家界の交通、ホテル、観光施設などが以前より大分改善された。国内空港、駅、五つ星ホテル(3カ所)、四つ星ホテル(7カ所)、三つ星ホテル(9カ所)と舗装道路、ロープウェイ、観光エレベーターなどの施設がそろっている。2005年12月26日から、長沙―張家界間の高速道路も全行程開通されるとともに、この間の交通は飛行機と列車の外に、バス移動も400㌔の距離を約3時間半で到着でき、十分便利になってくる。



張家界森林公園(黄石寨、金鞭渓、袁家界など) とは武陵地区に属し、湖南省西部張家界の地域内にある。東は索渓峪と境を接し、北は天子山自然保護区と隣接し、景勝地総面積は約13340ヘクタールで、国家5a級景勝区の一つである。
黄石寨黄石寨は黄獅寨とも呼ばれる。森林公園の西部に位置しており、張家界の大きい石の峰の一つである。標高約1200メートルの黄石寨に登って展望すると、張家界の奇抜な峰と岩などが目に収め、雲海、森林、日の出などの壮観な景色もたっぷり満喫できる。 黄石寨には20点ぐらいの観光スポットがあり、例えば:摘星台、六奇閣、南天門、定海神針、五指峰、前花園など。

金鞭渓金鞭渓は森林公園の東部に位置して、上流には金鞭岩のため名づけられた。全長は約5キローで、西は琵琶渓に接し、東の方は索渓に流れ込みる。渓流に沿って散策すると、どこでも絵のように美しいである。白沙泉、紫草潭、母子峰、金鞭岩など観光スポットがある。


袁家界袁家界は国家森林公園の北部に位置して、金鞭渓と接し、東は索渓峪と接し、南から鹞子寨を眺め、西望黄石寨、北部は天子山と隣接し、総面積は約1200ヘクタール、平均海抜は約1074メートルである。
主要的な観光スポット:
天下第一橋、迷魂台、後花園、百龍天梯などである。

天子山自然保護区(天子山など)天子山自然保護区(天子山など) 天子山自然保護区は武陵源区の東北部、桑植県の東南部に位置して、観光明珠張家界と十里画廊索渓峪から「品」という漢字形の景勝区からなってる。総面積は約5400ヘクタールで、青岩山とも呼ばれた。境内には、最高点崑崙峰の海抜は約1262.5メートルで、最低点泗南峪の海抜は約534メートルである。今まで、開発された路線は約45キローである。景区には、平均気温は約12度ぐらい、雨量は約1800ミリリットルぐらいである。天子山は描くことができないほど美しくて、素晴らしい景色はどこでも見られる。45キローぐらいの環状登山道路に囲まれ、1つの天橋、2つの天池、3つの廟宇、4つの天門、5つの滝、6つの洞窟、7つの景勝地、86の天然の観光スポット、9999の奇抜な峰を持ち、特に雲海、石涛、冬雪、霞日は最壮観な景色と言われる。 主要的な観光スポット:御筆峰、仙女散花、賀龍公園、南天門、点将台、十里画廊など。
索渓峪自然保護区(宝峰湖、黄龍洞、十里画廊など) 索渓峪景勝区は張家界国家森林公園と繋がって、天子山と隣接し、総面積は約160ヘクタールである。索渓峪は渓水の形は縄索のように見えるから、索渓とも言われた。観光のポイントは「山奇、水秀、橋険、洞深」である。索渓峪は武陵源景勝区の東北部に位置して、観光の総面積は焼く25400ヘクタールで、1982年2月に湖南省自然保護区(核心面積は約3640ヘクタール)を設立された。張家界市区と張家界国家森林公園と繋がって、長沙への公路とも連接することである。
主要的な観光スポット:西海峰林、十里画廊、水四門、百丈峡、宝峰湖、黄龍洞など。
宝峰湖
宝峰湖は「世界湖の経典」とも呼ばれ、張家界武陵源景勝区の中心地帯に位置し、天子山まで約8キロー、武陵源区政府まで約1.5キロー、黄龍洞まで大体8キローの道程がある。宝峰湖景勝区は山水が一体に融合できて、地元の民族風情も十分に溢れる景勝地である。
核心景区の全長は約2.5キロー、水面には一番広いの幅が約150メートル、72メートルの平均深さである。有名的なドラマ「西遊記」中花果山の実景撮景地の一つである。
黄龍洞
黄龍洞 2005年に、黄龍洞は黄龍泉とも言われて、中国一番綺麗な観光鍾乳洞と評価された。湖南省張家界中心景区―武陵源景勝区内索渓峪鎮の東部から7キロー(索渓峪河口村)のある山の山腹に位置しており、張家界市及び張家界空港、列車駅、市中心バスー駅まで約36キロー、典型的なカルスト地形である。国家5a級景区である。 今までは大体10万平方メートルの観光面積を開発されて、全長は約7.5キロー、高さは約140メートルで、2層の旱地と2層の水洞と分かれる。龍宮、水晶宮、石琴山、天仙水、郷水河、迷宮などの遊覧路線がある。龍宮は黄龍洞のハイライトで、総面積は約1600平方メートルである。
天門山国家森林公園(天門山)天門山国家森林公園(天門山) 天門山天門山は国家4a級景勝地であり、張家界市の南部に位置して、山岳の自然景区である。公園総面積は約96ヘクタールで、山頂上の面積は約2ヘクタールで、一番高い峰の海抜は約1518.6メートルで、典型的なカルスト地形である。天門山は古称が嵩梁山とも言われた。天門洞の高さは131.5メートルで、約57メートルの広さ、深さは約60メートルである。1999年、世界特技飛行大師が飛行機で天門洞を通ったことがある。 天門山には、2つの人文奇観があり、天門山を廻って山道と天門ロープウェイということ。天門ロープウェイの全長は約7455メートルで、水平高さは約1279メートルで、世界には一番壮観的なロープウェイと思われる。張家界市内中心の城市花園からスタット、田園風光を経て、天門山まで、確かに一番長いと思われること。一方、天門山を廻山路の全長は約10.77キローで、高さは約1300メートル、99回のカーブもある。


ページのトップへ↑