遇龍河

  遇龍河は漓江で陽朔境内最大の支流である。河流は澄み切って川の流は穏やか。岸の両端は田園農家や青い緑の椿種や奇妙な山々の峰がとりまいている。竹船に乗り目を見張る様々青い水と緑の山々を景観することで、和やかな、晴々とした気分を満喫できる。山に登り見下ろすと、川水はシルクのように見え、流れて行く川水は緑色の絹が河谷いを緩やかに流れて行くように見える。一層輝かしく、竹船は動きまわることが出来ます。竹船が往来し、耕地では農民が耕作をしている。このような風景を見るだけでもお酒を召し上がった時の様にとてもよい気持ちになれる。

ページのトップへ↑