ホーム>>桂林観光地>>チベットの観光スポット

チベットの観光スポット

ポタラ宮  大昭寺 八角街


ポタラ宮ポタラ宮  チベットの人々から「ツェ・ポタラ(最高の王宮)」と崇拝されるポタラ宮。「ポタラ」とは「補堕落」を意味し、観音菩薩の住む場所、つまり観音浄土を表している。
7世紀にソンツェンガンポ王がマルポ・リ(紅丘)に宮殿を造ったとの伝説から、ダライ・ラマ政権を確立し、チベットにおける聖俗の最高権威者となったダライ・ラマ5世が、ここにポタラ宮の建設を始めたのは今から350年前。建築には50年の歳月を要し、完成したのは1695年のことである。後にダライ・ラマ14世がインドへ亡命するまでの約250年の間、チベットの政治・宗教の中枢として機能してきた。
東西約370m、高さ110mの宮殿は、政治を執り行う白宮と宗教儀礼を司る紅宮から成っている。宮殿内部は迷路のように入り組んでおり、極彩色の壁画で彩られている。壁画にはチベット建国史や神話、人々の暮らしぶりなどが描かれており、かつてのチベットの様子をご覧いただける。
大昭寺大昭寺 八角街7世紀創建。チベット仏教界で最も神聖な場所だと考えられ、門前には常に信仰篤いチベットの人々が祈りを捧げている。 五体投地によりつるつるに磨かれた門前の敷石を見ると、遙か昔から人々の信仰を集めてきたことを実感することができる。寺はパルコル(八角街)と呼ばれる巡礼路に囲まれており、マニ車を片手に時計回りに巡礼する人々の姿を見かける。
伝説によると、チベットの大地の下には羅刹女(鬼女)が伏せていると考えられていたため、古代吐番王国の初代国王ソンツェン・ガンポがその鎮圧のために、羅刹女の心臓部にジョカンを建てたといわれる。歴史上では、ソンツェン・ガンポ王の2人の王妃、ネパール出身のティツンと、唐から嫁いだ文成公主が、王の菩提供養のために建てたと考えられる。 ジョカンは2000年に「ラサのポタラ宮歴史地区」として世界遺産に追加登録された。


ページのトップへ↑