ホーム>>桂林観光地>>無錫の観光スポット

無錫の観光スポット

太湖 寄畅園 天下第二泉 亀頭渚宜興竹海風景区 霊山大仏景区



無錫は江蘇省の南部に位置して、長江三角州の平原腹地の中で、北の方は長江を、南の方に太湖を控えている。東方は蘇州に、西の方は常州に接している交界。有名の京杭運河は無錫の中部を渡す。中国の著名な魚米の郷であって、“小上海”と称されている。中国の十大旅游観光都市の列に入っている。


太湖太湖  雄大の太湖は豊かな江南地区を孕んでいて、中国原始文化の発祥地の一つである。しかも中国の第二大淡水湖であって、湖の表面は西面に突出している新月のような形で、湖区内は48の島、72の峰を持つ。“太湖天下秀”の名称がある。
寄畅園無錫市惠山麓の惠山横街に位置して、元来は惠山寺の僧舍である。明代嘉靖初年(約1527年)南京の役人の秦金は始建して“鳳谷山荘”と名が付けた。寄園は山麓別荘型の園林に属して、現在の面積は14.85畝で、二つの泉水を引用して、築山と映えて趣をなす。庭園内の大きな樹木はシンプルで静かで江南園林の中で独特の風格を持っている。清代の康熙と乾隆皇帝は何度も此処を遊覧して一再に詩を作った。
天下第二泉天下第二泉 中国江蘇省文物保護単位として惠園林文物名勝区内の最も有名な一つの景色である。天下第二泉は公元766年(唐代の大歴歴年間)に掘られて、元来は恵泉と呼ばれる。この泉は万千の松根部の蓄と砂岩石の濾過されて、水質はとても綺麗になって、唐代の“お茶の圣人”の陸羽に“天下第二”の位と評された。宋代の大文人の蘇東坡も何回もこの泉の水を飲むために此処に来た。近代の一曲の有名な《二泉映月》は天下にこの泉を知らせた。
亀頭渚亀頭渚太湖に横の半島であって、巨石が湖中に出す形は神亀によく似るでその名が称された。亀頭渚風景区は1916年に成立して、現在面積は539ヘクタールに。風景区には充山秀.鹿頂迎.亀渚春濤.横雲山荘.広福寺.太湖仙島.江南苑. 中日桜の友林などの観光地を持って、もう中国と海外の有名な旅行休憩勝地になる。
宜興竹海風景区宜興竹海風景区蘇州、浙江、安徽三省の境目に位置して、竹が盛んでいる。古来には“竹の海洋”と称されている。景区中心の面積は一万畝にあって“華東第一竹海”と呼ばれた中国竹景.竹文化の代表景区である。風景区内は山水秀麗で、一日の間四季を感じさせる。主要の景色は鏡湖区.翡翠長廊区.瀑布区.竹園区.海底区.空中環遊桟道区.千年古寺区.お茶休憩区等で成り、総体は大型の天然的大酸素バーであって、しかも映画の絶好撮る所である。
霊山大仏景区霊山大仏景区霊山の歴史は1000年余りの唐代に遡及できて、三蔵法師は天竺へ経文を取りに行って帰る所現在の小霊山に到着して,此処の景色がとてもよくことが気になって“天竺と比べても足りない所がない”って言って、ここに小霊山の名を付けたのだった。小霊山寺はその時から徐徐に発展していた。景区の現在総合面積は30ヘクタールで、三つの山に囲まれて、霊山大仏はその中部に屹立している。霊山大仏の気勢は雄大壮観で、南面は太湖に面して、後は霊山に頼って、中国古来の風水の絶好な仏国宝地である。霊山大仏は1997年11月15日に落成開光され、八十八メードルの露天青銅青釈迦牟尼仏び立像である。海内外の高僧大德及び各地の信众約千万余りの人がその時に現場に集めって、近代仏教の盛大祭りになった。


ページのトップへ↑