ホーム>>桂林観光地>>蘇州の観光スポット

蘇州の観光スポット

寒山寺虎丘留園拙政園獅子林北寺塔呉門橋



北寺塔 北寺塔 寺院内の塔があまりにも有名なため日本のガイドブックに「北寺塔」と記されるこの寺の正式名は「報恩寺」という。三国赤烏年間に、呉の孫権が母の邸宅として建立したのが始まりである。その歴史は古く、蘇州で最も長い歴史を持つ。
現存の塔の塔身は瓦造りで、1層~6層までは南宋時代のもので7層から上は明代に作られた。各層の木造の部分は清代のものである。塔は八角形九層で、上は金盤、下は重樓という中国楼閣式の仏塔である。
蘇州駅のすぐ南側に位置し、塔の上からは市内を一望する事ができる。木の細い階段が設置してあり、薄暗い塔内を登ることができる。上り下りするのに、同じ階段を使うことになるので、上る人、下りる人がお互いに目配せしながら道を譲りあう。
最上階の八階では、外に出てぐるっと一回りすることができる。そこから見る町並は格別だ。江南のいにしえを彷彿とさせる白い壁に黒い屋根瓦屋をもつ家々は、遥か昔から豊かな自然の恵みに囲まれ発展してきた。天気が良ければ郊外に広がる田園風景を眺めることもできる。
また、この塔の隣には明代に作られた楠木作りの観音殿がある。蘇州市内で唯一、明代に建設されそのままの様子を保っている建築物である。観音堂の南には長廊があり、国内最大の大きさを誇る漆彫刻「姑蘇繁華図」が陳列されている。これは全長32メートル、高さ2メートルもあり、清代<乾隆盛世>と呼ばれた蘇州の街の繁栄を題材にしている
寒山寺寒山寺「妙利普明塔院」の名で517年に完成したが、幾度も焼失し、現存する建物は清代末のもの。唐代貞観年間(627~649年)に高僧寒山が住んだことから寒山寺と呼ばれるようになった。唐代の詩人張継の「楓橋夜泊」にこの寺のことが詠まれ、一躍有名になった。明代に建てられた張継の詩碑も度重なる盗難で復元され、清代光緒(1875~1908年)のものが残されている。詩に詠まれた鐘はすでになく、これも清代に新しく造られた。

蘇州 虎丘虎丘  虎丘は、既に2000年程の歴史を持つ「呉名第一の名勝」と称されている。宋代の詩人蘇東坡によって「蘇州に到りて虎丘を遊ばずんば憾事なりけり」とうたわれている。春秋戦国時代、ここに呉王の夫差が父親を剣池に葬った。その3日後、白い虎が現われ、墓の上にうずくまっていたと言われるのがその名の由来である。以来人々から「虎丘」と呼ばれるようになった。ここのみどころは、なんといっても丘にそびえている「虎丘塔」。蘇州一の古さを誇る高さ47m八角七層の塔だが、なんと塔身が北に15度傾いている。400年ほど前から地盤沈下のため傾きだしたという。門を入ったところに運河が流れ、そこで船に乗る事もできる。おすすめは船頭が舟をこいでくれる「小木船」だ。4人乗りで、15分ほどの船旅を楽しむ事ができる。
蘇州 留園 留園  「留園」は、「拙政園」と並ぶ蘇州の名園で、蘇州四大庭園にも数えられるている。「拙政園」のすっきりとした景色に感動するなら、この「留園」は、建築物の密集と広がりによって作られた緊密な構造に唸る。一般に、この二つは蘇州庭園の「両絶」と称されている。敷地面積は2ヘクタールであり、中部・東部・西部に分かれる。中部は、池を中心に明るく静かだ。池の北側は、石を積み上げてできた築山があり、南側は建物が巧みに配置され築山と池の景色を格別に美しく見せている。東部は持ち主の邸宅部分である。観劇・遊戯・宴会・読書・詩吟・絵画・碁室がある。西部は、木々が茂り渓流が流れ山林風光の趣に富む。 庭園はもとより、建物の門・窓・鴨居などに施された精巧な彫刻や、贅を尽くした造りに心を奪われる。
蘇州 拙政園 拙政園  造園芸術の傑作と言われている。もとは唐の詩人陸亀蒙の住居だったが、元代に大宏寺となる。明朝の1530年ごろ、王献臣という役人が官職を追放され、故郷に戻り、大宏寺を買い取り庭園にした。面積は約4万平方メートル、園内は、東、中、西園の三つに大きく分けられている。広い池を中心に、建物が水面に臨むように建てられ、全体の5分の3を池が占めている。特に中央の遠香堂、西の鴛鴦舘の眺めはいかにも美しい。拙政園と名付けられたのは、西晋の潘岳による「閑居賦」の一節"拙者之為政"(愚かな者が政治をつかさどる)から取ったもの。
蘇州 獅子林 蘇州 獅子林 元代の代表的な庭園である。元末の高僧天如禅師が恩師の中峰禅師を記念するために建てた菩提寺である。清代乾隆12(1747)年に画禅寺と改名され、それにちなんで園内至るところに獅子の姿に似た太湖石が並べられている。また中峰禅師が浙江省の天目山獅子岩に住んだことがあったため、「獅子林」と改名された。庭園は太湖石を積み上げた築山が大半を占めており、迷路のような小径が巡っている。園内には、指柏軒、荷花庁、真趣亭などの建物がある。
蘇州呉門橋 蘇州呉門橋「盤門風景名勝区」はこの橋から始まる。橋を越えたところが「盤門」と「瑞光塔」のある公園の入り口になる。1872年清代に造られた。一つの穴を持つアーチ型の橋としては、蘇州市内で最も高さが高く、傾斜もきつい。階段があるものの、この橋を登っていくのは一苦労である。自転車を引っ張っていくためのレールがついている。 この橋は生活に密着しており渡っていく人は意外と多い。橋の前に続く石畳の道からその様子を眺めるのも一興である。


ページのトップへ↑