ホーム>>桂林観光地>>羅妹蓮花洞

羅妹蓮花洞

  羅妹蓮花洞は楽業県から1キロぐらい離れた位置する鍾乳洞で、上と下二部分に分かられ、西から東までsの形した回廊状になっている。全長1km、幅は1.5~20メートル、高さは1.5~20メートル、底の総面積は20350メートルにもある。

この鍾乳洞には約59個の見所がある、蓮の葉のような形の石が296個もあり最大のものは長径が9.2mもあって世界一の大きさだという。蓮の葉の形の石の上に柱上の鍾乳石がつながってキノコをひっくり返したような形の石もある。またくねくね曲がった蛇のような形の石筍もあり自然の造形の妙奥深さに感嘆させられる。

ページのトップへ↑