ホーム>>桂林観光地>>楽業天坑

楽業天坑

  楽業天坑は広西チワン族自治区の楽業県に位置し、敷地面積は20平方キロメートル。「天坑」とはカルスト地形の一つである、(絶壁に囲まれた巨大な天然の縦穴)。楽業県天坑群の形成は300~400万年前のヒマラヤの地表運動にさかのぼる。全部で100箇所もある。一番大きなのは(地元の人は「大石囲」とよぶ)長さ600m、幅420mで最大の深さは613m、平均の深さは513m、底の面積は10,5000平方メートルもある、中には人類の足の届いたことのない原始森林の面積は世界一と誇っている。

ページのトップへ↑