ホーム>>桂林観光地>>福建の観光スポット

福建の観光スポット

福建の土楼 コロンス島 武夷山



福建の土楼福建の土楼  は福建省南部の土楼と一部の客家の土楼を含んで、総計の約3千余り。
福建の南西がだけあり、利用加工の熟化していない土、構成の群居して防衛する1つにする大規模のビル、形はufoのようです、青々とした山と川の間でまきます。
主に分布する地区は中国の福の建西南山区で、客家人と福建省南部人の集まり住む福建、江西、広い東北3省境を接する地域。
福建の土楼は世界のただ1つの大規模の民家の形式で、中国の伝統の民家の貴重な宝物と称されます。
コロンス島コロンス島 はアモイ島の西南面に位置し、面積1.87k㎡の楕円形の小島です。島内は2万人くらい。美しい景観をもつことから「海上明珠」「海上花園」と呼ばれている。現在、島内のピアノの普及率が高くて、有名なピアニストを輩出しているからピアノ島とも呼ばれる。
島は明代の民族英雄鄭成功がこの島に兵を駐屯させて訓練を行ってから世間に知られるようになった。
コロンス島の最高峰は日光岩で、海抜92.7メートルです。日光岩はコロンス島最大の観光スポットで、もとの名は晃岩です。
コロンス島では、車の**用が制限されており、観光は渡し船乗り場の近くから出ている専用車バッテリーカーで移動する。
武夷山武夷山は1999年12月世界遺産(文化と自然の複合遺産)に登録されている。武夷山市は武夷山があるから世界的に知られている。武夷山がある武夷山風景区は、市区の南15km、武夷山国家自然保護区は西へ約40km行ったところにある。
武夷山风景区は面積70㎡,平均海抜350メートルです。
武夷山風景区は広大で、かつ徒歩でしか行かない地区も多いので、全部見て回ると一週間以上かかる。
武夷山は茶の産地としても国内外に広く知られる。中でも山の上の岩地で栽培されたもの、武夷岩茶と呼ばれる。一番高級なのは大紅袍から採れる茶葉です。
武夷山風景区は主要観光ポイントが7つあって、とても素晴らしい風景です。


ページのトップへ↑