ホーム>>桂林観光地>>敦煌の観光スポット

敦煌の観光スポット

鳴砂山月牙泉 莫高窟 玉門関 陽関 ヤルダン地質公園

鳴砂山,月牙泉鳴砂山月牙泉 鳴砂山は敦煌市内から南に5kmの所に位置し、東西40 km、南北20 kmにわたる広大な砂丘である。月牙泉は鳴砂山の谷間に湧き出た泉で、三日月(月牙)の形をした泉が月牙泉を名付けた。砂漠の中にあって1000年も枯れることがなかった。雨が降り続いても溢れず、日照りが続いても涸れることはない。流砂がいつまでも泉を埋め尽くすことがないのは不思議である。
 漢代に早くも観光地となり、南岸には古い建物が100余りも並んでおり、お寺も建っていた。主な建物の内部には着色された塑像が100体以上、壁画も数百枚残っている。重要な建物には扁額が掛けられ文字の刻まれた石碑も置かれている。
莫高窟莫高窟 敦煌市東南約25 kmの所に位置し、世界文化遺産・仏教遺跡である。莫高窟は鳴砂山東の断崖に南北に1,600mに渡って掘られた。五世紀から1000年以上にわたり造営が続けられ、現在確認されたのが492の窟である。その中に2400余りの仏塑像が安置されている。壁画の面積は4万5000㎡で「砂漠の大画廊」とも言われる壁画の内容は仏教に関連するものや、伝統的な神話・伝説を描いたもの、日常生活を描いたものなど、多岐にわたる壁画が見られます。
敦煌文化は中国西北部の各民族文化が融合したものであり、その中心となる中原の漢文化の儒家思想と道家思想をもとにして、西域近隣民族、中央アジア各国、インド、ペルシアの言語、文学、宗教、哲学、芸術の優れた要素を、大胆に吸収、融合し、さらには遙か遠くのギリシア、ローマの文化のほのかな影響をも受けているの事を示している。 
玉門関玉門関 敦煌の西100kmの所に、ゴビ灘の中のに建っている漢代の関所跡である。シルクロードの重要な堅固な関所の1つとして、漢と唐2度に渡り建立された。一辺が25m高さが10mほどの真四角な造りで、西側と北側に入り口があり、昔西域からの侵略を防ぐ重要な軍事拠点である。昔2万を超える兵士が駐屯していた。「玉門関」の名前は、新疆ウイグル自治区のホータンで産出された「玉石」がここを通って中国に入ってきたことに由来である。陽関
陽関 陽関は甘粛省敦煌から南西約70キロ離れた南湖郷に位置し、武帝により設置された関所。漢代、西域に向かうには玉門関と、陽関の2つの関所があり、陽関は玉門関の南にあることから、「陽」の字を付けて「陽関」と呼ばれた。陽関は敦煌からシルクロードを経て西域へ通じる南路の要衝であった。唐代の詩人、王維の詠んだ「君に勧む更に尽くせ一杯の酒、西の方陽関を出ずれば故人なからん」という詩はあまりにも有名。
ヤルダン地質公園ヤルダン地質公園 玉門関の西約85kmのところに位置し、ヤルダンとはウイグル語で「険しい崖のある土丘群の地」の意味で、風蝕で出来た様々な形の土丘が南西約25km、幅約2kmに及んで連なり、岩の奇観が広がっている。。昼夜の気温差のために夜になるとよく風が吹き、巨大な古代遺跡のようにも見えるヤルダン地形の間を吹き抜ける風は魔物の叫び声のような音を立てるので、魔鬼城も呼ばれている。近年映画[英雄-hero-]のロケ地になり有名になった。


ページのトップへ↑