ホーム>>桂林観光地>>穿山公園

穿山公園


  穿山公園は桂林市南部の所に位置し、総面積は53.8万㎡。公園内には穿山、塔山などの景勝を含む。山腰にある満月に似ている円形の大きい通りぬき洞窟があるの為、穿山と名付けられた。穿山真正面の山は塔山と称して、また「軍艦山」と呼ばれる、高さは約44m、山体の面積は2.75万㎡、僅か61平方メートル頂上の上、塔の高さは13.3m 、7層6角の六角型「寿佛塔」が建てられた奇観もギネスブックに登録された。

ページのトップへ↑